医療英語のオンライン英会話スクールならMDメディコムへ :使える医療英語をネイティブ医師のオンライン英会話から学習

医療英語のオンライン英会話ならMDメディコムへ
日本初! 米国人医師講師だからできる     
医学内容の誤訳の回避・医療特有の表現・医療者としての発言トーンを
「医療英語は、一般英語ではない」(MD) 日本人医師の指導に熟練した米国人医師から各専門分野の医療英語を学べる希少なコースです。日本人講師サポート付きで安心してご受講いただけます。  英語論文・学会発表前にも医師必見! 医療英語に関するお困りは個別に全力でサポートいたします。

-医学部大学院入試対策コース 個別徹底指導 全員合格実

HOMEお知らせブログ ≫ Dr. Sako's useful tidbits ≫

ブログページ

「おかわりありませんか。その後どうですか、」を英語2語で。どう話すの?(Dr. Sako's useful tidbits)

ダウンロード.jpg 全身麻酔
お変わりありませんか。
その後、調子はどうですか。


⇒ Any change?
の2語でOkです。

知っておくと便利ですね。

応用編 
お腹の調子はおかわりありませんか。



Any change in (your stomach)?

黒字単語を変えると色々応用できます。
視力はおかわりありませんか。
痛みはそのごどうですか。
関節の調子はお変わりありませんか。



(your vision, your pain, your joints)

 
2023年11月07日 10:34

モバイルサイト

【MD MED COM】オンラインMedical EnglishコースへようこそスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら

【受講者の声】 英語での学会発表を控えていたものの、受験勉強以来ほぼ英語に触れてこず、とくにリスニングとスピーキングに不安があったため、本講座を申し込みました。 こちらが病棟業務で急遽出席できなくなったときも授業延期など柔軟に対応していただき非常に感謝しています。 米国のネイティブ、しかも現地の医師と話すことができるのが本講座で最も優れた点と思います。なぜなら医学英語の細かいニュアンスや表現などはやはり医師同士でないとわからないからです。米国人医師に自分の作成したスライドや発表原稿をチェックしてもらえるのもためになりました。また、ネイティブとの会話の際は、聞き取れない箇所やうまく話せないところがあれば西村先生が適宜フォローしていただけるので安心感をもって臨むことができます。 私がそうであるように、論文はなんとか読めるけれど、リスニングとスピーキングはからっきしという日本人医師は多いと思います。本講座はそういった医師にうってつけです。よくある英会話教室でも英語の学習はできますが、医学英語に特化し、かつネイティブ医師と話すことができる本講座が一番の近道です。(京都大卒医師 全文は受講者の方の声へ)       、