医療英語オンラインスクール|MDメディコム

コラム

免疫系 とアレルギー・治療としての 「吸入 」

免疫系 とアレルギー・治療としての 「吸入 」

ここでは、Covid-19 の治療と関連のある、吸入でよく使われるフレーズの英文例を紹介します。(初級)

吸入に関連する英文例

吸入に関連する英文例

吸入について以下の英訳を一緒に考えてみましょう。

1.「吸入器のボトル1本につき、120回まで吸入できます」

■必須単語(フレーズ)

  • 吸入器:inhaler
  • 吸入する:inhale (⇔ exhale)
  • 深く息を吸う:breath in deeply
  • 息を吐く:breath out
  • 息を止める:hold it
  • よく振る:shake well

解説】日本文の書き換え: 述語に対する主語の追加 (Based on Baler’s translation theory)

日本文を書き換える必要があります。内容を維持したまま日本文を変更します。

Key 1: 基本構文:SVO 主語述語目的語の塊 / 命令形:VO(主語を省く)

解答は

⇒The bottle contains 120 sprays.(120 spray doses)

2. 「1日3回吸入を行ってください。」

■必須単語

  • 吸入する:inhale

 

2. 「①吸入器を押して、深く息を吸い込んでください。」・「②息を止めて, 吐いてください。」

■必須単語

  • 押す:press

【解説】

吸入器を押して(press)+ 深く息を吸い込んでください( breath in deeply)

解説:2つの命令文からなっていますね。

解答は

⇒Press the inhaler and breathe in deeply. Hold it, and breath out.

■Speaking 力UP :当然のことですが、既存のフレーズを増やすことで、speaking 力アップに繋げます。

最後に耳より最新情報例として、COVID-19 vaccination と、long COVID について論文およびビデオの要約を紹介します。

問題例)以下の内容を英語で説明しなさい。

最近の話題として Covid-19の発症後、あるいはワクチン接種(COVID-19 vaccination)後の様々な後遺症(Long COVID)について報告されています。その中に ワクチン接種とその後のアレルギーの発症リスク(the risk of causing allergic reaction)との関連について、現状では、ワクチン接種後に、重篤なアナフラキシーショック(severe anaphylactic shock)例 および皮膚アレルギー(mild local reactions)例は「まれ rare」で、「ワクチン接種とアレルギーの関係はまだわかっていない」と報告されています。(Podcast Episode 53)(2021)

mRNA および viral vector COVID19 vaccinesのアレルギーを引き起こす要因に差はないと報告されていますが、今後さらに研究データが必要と結論付けられました。(2022)Allergic Reactions to COVID-19 Vaccines: Risk Factors, Frequency, Mechanisms and Management – PMC (nih.gov) (医療情報)(上級)

 

MDメディコムでは、修正箇所の指摘に加えて「丁寧に演習問題や個別コーチングを重ね、確実に英訳力やコミュ力の向上につながる。」のが特徴です。

医療英語を習得するなら『MD メディコム』がおすすめ!

吸入に限らず、日本語が話せない外国人が医療施設を受診した際は、受付から会計まであらゆる説明を英語で行わなければなりません。

症状や治療、薬など医学的な内容を英語で説明する際は、適切な表現や言葉を選択することは重要です。

医療英語を習得するなら、医学・医療英語オンラインスクール『MD メディコム』がおすすめです。

MD メディコムの医療英語オンラインコースでは、米国人医師と日本人医学英語 の2名講師体制別、個別の目的達成に向けテキスト作成およびプログラムを作成しています

New! real time オンライン校正コースを開設しました。米国人医師による、real time 校正を行い、受講者の意図を確認することで、正確で迅速な校正の提供が実現しました。

■ AI校正ツール & real time 米国医師の校正 についての 本コース米国医師の考察を紹介します。

「AI校正ツールは、手軽ですが、現時点では(2024年)、医学英語についての校正の正確さは、米国医師の校正レベルにはおよんでいません。(Dr。David){校正を完全に信頼するにはリスクがあります。」(Dr. Harkins)(コラム全英文参照)

正確で使える医学英語習得にご興味がある方はぜひお気軽にお問い合わせくださいませ。