医療英語オンラインスクール|MDメディコム

コラム

消化器系 慢性便秘 治療薬「座薬」は英語で何と言う?

「座薬」は英語で何と言う?医療現場ですぐに活用できるフレーズを紹介

この記事では、消化器系の症状の一つである慢性便秘(chronic constipation)の治療として座薬(suppository)タイプの下剤(laxative)が用いられます:座薬に関連するフレーズを含む英文例を紹介します。(初級)


座薬に関連する英文例

座薬に関連する英文例

 

1.座薬1個を尖った方を先にして肛門にゆっくり挿入してください。

必須単語:尖った方 pointed end, ゆっくり gently/slowly, 肛門 rectum、~に挿入する insert XX into~, ~尖った方を先にして with the pointed end first.

【解説】 命令文ですから、基本構文(VO~ :動詞 目的語~を)ですね。

必須単語を組み合わせると

⇒ Gently insert the suppository into your rectum with the pointed end first.

 

ここで、最新ミニ情報をPodcast から一例の要約を紹介します。

例題)以下の内容を英語で説明しなさい。

緊急ルームのは運ばれてきた、がんに関して、以下の症状を引き起こす可能性とそのチェックの重要性について述べています。
感染による敗血症(sepsis)による、好中球減少症の発熱、(Neutropenic fever,)

高凝固能による(hypercoagulable.血栓(blood clots) 特に肺塞栓症( pulmonary embolism) 閉塞性(obstruction.による大静脈症候群(SVC syndrome), 心膜タンポナーデ(tamponade)代謝性合併症metabolic complicationsによる高カルシウム血症hypercalcemia.です。
これらの事象を把握することで、緊急時の対応ができます。(1437) Podcast 896: Cancer-Related Emergencies – YouTube(2024)(上級)

 

MDメディコムでは、個別の目的や英語レベル、スケジュールに合わせて、カスタマイズしたプログラムを作成します。
上級レベルの方は、直接米国人医師の講義により、「校正毎に英訳力の向上につなげる。」のが特徴です。

え医療英語を学ぶなら『MD メディコム』がおすすめ!

医療施設に日本語が話せない外国人が訪れた際は、様々な説明を英語でコミュニケーションする必要があります。

誤った表現や単語を使った場合は誤認や誤診につながる場合もあるため、医療英語の習得は必要不可欠な医師・医理療関係者がおられます。

医療英語を学ぶなら、医学・医療英語オンラインスクール『MD メディコム』がおすすめです。

MD メディコムでは、ベテラン米国人医師講師が、各専門分野の医療英語が、real timeで受講者の真意を確認しながら、正確で迅速な校正を行います。

日本人医学英語講師との2人体制でサポートするため、英語が不得手な方でも安心して基礎から学習することが可能です。

使える医療英語を学びたいと考えている方は、ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ。